ボクいち日記

ボクいち管理者ちのの日記+ライブレポ+まとめ情報etc
<< 2012.06.22 椎名慶治LIVE #2「I & key EN」@名古屋ボトムライン | main | 2012.07.03 BUMP OF CHICKEN@国立代々木競技場第一体育館 >>
2012.06.30 椎名慶治LIVE #2「I & key EN」@赤坂BLITZ
椎名ソロライブ東京公演に行ってきました。

この日記はライブレポではなくて、私の感想。
ライブでの細かいことは書いてありません。
かなり低空飛行ですが、私の個人的感想ですし、感じ方を変えることはできないので、それを不快だと思われる方は読まないでください。私の記録としてここに書き連ねる意味があると思ってアップしてます。

ライブ自体は、1週間前の名古屋公演と比べると、断然にいいステージでした。今回も結構いい番号だったので、前から数列目ぐらいで見ることができました。SURFACE時代のライブとは違って、今回は押しもなかったし、ギュー詰めでもなかったし、十分飛び跳ねて踊れる楽しいライブでした。このライブなら、「楽しいライブ」って言えるなぁ、なんて、すごく冷静な目で見てきました。



「楽しいライブ」「いいステージ」っていう感想を書いているけれど、私の気持ちは名古屋での結論と変わらず、次のツアーには行かない、です(さらに先のことはまだ分からないけれど)。楽しいけれど、個人的には違和感を持ったままのライブでした。

7/7の追加公演にも行く予定はないので、もしかしたら、これが私の最後の「生椎名慶治」なのかもね。…いやいや、まだファン仲間との縁は切りたくないから、「しかたないなぁー付き合うよ」なんて感じに、また行きそうですけどね(笑)。



もうちょっと辛口は追記にて…

ーーーーーーー
【追記】

思いついたまま、順不同に感想メモ。


・キャパマジック?
名古屋のライブは、かなり、かーーーなりのグダグダ感があったのですが、今回のライブはきちんとしたライブでした。声は本調子とは言えないようでしたが、名古屋と比べるとちゃんと歌えていたし、本当に歌詞が飛んじゃって合唱を要求した場面は少なかった。名古屋が初日だったということもあったかもしれないけれど、キャパによってライブへの心構えが変わってしまう人なのかしら?という印象が…。不信感その1(苦笑)。そういえば、椎名/SURFACEを通じて、私が3桁キャパのライブに参加したのはこの間の名古屋が初めてだったかも(リキッドはギリギリ4桁?)。

「後ろイエー!2階イエー!前イエー!」っていうコール&レスポンスができるような広さが似合う、っていうのを感じた。これは、SURFACE時代を思い出しての感傷モードだと言われればそうなのかもしれないけど。でも、だからといって、小さいハコでのライブもちゃんとしなきゃダメなんじゃないの?


・ペンライト
名古屋では使いどころも示さず、観客もどこで使っていいのか全く分からず、さぐりさぐりだったのですが、赤坂BLITZではみんな最初から使っていたし、一応、ペンライトを左右に振って欲しいと指示の出る曲もありました。大阪、福岡がどうだったのか知らないけれど、さすがに学習してくれたか。

ペンライトについては、いまでも否定的なんですが、赤坂BLITZ程度のキャパで、ステージと客席に段差が大きい会場なら、まぁ、使ってもいいのかもしれない、と思いました。あ、あくまでも否定的よ。

個人的な感傷モードだけれど、SURFACEのカバーではペンライトは使いませんでした。SURFACEでペンライトは、私の中では絶対「ナシ」(使ってくれと指示のあった君声のみ使用)。


・東京、東京、うるせぇよっ
はっ、つい汚い物言いになっちゃいました。いえ、これ、名古屋に参加したからこそ感じたことなのかもしれないけれど、MCで「地元に帰ってくるとホッとする」「東京だと反応が違う」みたいなことを頻繁に言ってました。東京のお客さんへのおべっかトーク的な意味と、自分の地元だってことで本当に嬉しい気持ちと、どっちもあるのかもしれないけれど……言い過ぎじゃないの?…とちょっと老婆心ながらハラハラしましたよ。んじゃ、東京と地方とライブに対する心構えから違うのかよっ!…ってね。遠征してこの公演に来ていたお客さんはどう感じたんだろうとか考えちゃいますよ。まぁ、最初からマイナスな視点で見てるから感じるだけのことなのかもしれないですけどね。


・WAIT!で聖水(笑)←単なる自分のメモ。説明なしw 名古屋でもやってました。


・アンコール後の大合唱
アンコールまで終わってメンバー全員がはけた後、BGMにあわせて観客が大合唱。もう、既に恒例化してる感あり。大合唱が終わった後、椎名くんが1人でステージに現れて感謝と感涙のMC。

  ……あー、はいはい。

これを「あー、はいはい、恒例の感動のシーンね。分かった分かった、お腹空いたから早く終わろうよ…」という気持ちで見てしまった私は既にファン失格(笑)。失格というより、脱ファンと言いたい(苦笑)。あの輪の中に入れれば極上の感動を得られるのだろうけれど、少し離れた気持ちで見ると、あはいはいはい、分かりました、了解です、という事務的な心の動きで終わってしまうという…。そう思う私がレポを書いているあたり、もう間違いだな。








・最後に(わざと読みづらくしてますご了承のほど)
ライブに参加しながら「それでも私はこの人をもう信じられない」と思いながら見てました。
いや、彼側に好意的な視点で語るならば、ステージにいる椎名くんが変わったのではなく、私が変わったのかもしれない。さらに彼に好意的な視点で語るならば、単に私が他のミュージシャンに目移りして心変わりした悪い女なのかもしれない。 …それでも、こんなもやもやした「楽しめない」という気持ちを持ちつつライブに参加するのは辛い。その場のライブは最大限「楽しめる」としても、その向こう側に見えるツイッターでの人格や、ファンを金づると思ってるんじゃないかという不信感が見えたら、心からは楽しめない。 インディーで活動していくことは大変なんだろうとか、曲作りも大変なんだろうとか、そういう好意的な視点から見ようとも思うけれど、それでも不信感にかき消されてしまう。バンドメンバーも魅力的に思えない。バンドメンバー1人1人が嫌いなのではなくて、バンドとしてのまとまりが感じられないのが嫌。1年に1度だけ集まるメンバーにバンドの結束を求めるのは酷なことなのだろう。でも、私が好きなのはバンドサウンドであって歌手が歌うだけの歌謡ショーじゃない。スケジューリングが大変なのかもしれないけれど、この「バンド」でイベントライブに、せめて月1度でも出たりしたら違うのかもしれないのになぁ…とも思う。次のツアーは行かないと決めたからには絶対に行かないけれど、30分とか40分とかのイベントライブなら見に行ってもいいかなと思ってる。時間が短いっていうことだけではなく、椎名慶治を最初から好意的な目で見てくれるオーディエンスだけではないという状況で歌って欲しい。それは彼の力になるはずだと思うから。そして、それがバンド形式であれば尚よし。もう少し、バンド、というまとまりのあるライブが見たいんだよね私は。サー初期の頃の山ちゃんやチャーリーさんがいたバンドや、HGと名前を付けていたバンドや、あんな、まとまりのある「バンド」が見たいんだよ。あーぁ、書いちゃった。



なんだかんだ言って、結局私の心が離れただけなのかもね。
気にしないでね。…と言いながら、こういうファンがどれだけいるか、ちょっとリサーチしてみたらいかがかしら?とも思ったりする。ファンではない友人をライブに連れて行っても「ほら、すごくいいライブだったでしょ!」って胸を張って言えるライブをしなかったら新規ファンを獲得はできないし、古いファンも離れるかもしれない…よ…。「え?やってるけど?」って言われたら、もう何も言うことはできないんですけどね。ま、私には関係ないけどね。ふん。



…これだけ書いているけれど、これだけ書くためにあーでもないこーでもないと考えを巡らせている自分を、ふと別の自分が眺めていて、「どんだけ未練たらたらなんだよ」とアホらしく思う。ほんとは嫌いになりたくないんだよ。
| LiveReport | 21:58 | comments(2) | - | - | - |
はじめまして。
ちょくちょくブログ読ませていただいてました。
実は私もこのブログ見て共感してしまったところがありコメントさせていただきました。
お客さんからお金もらっている以上、のどの調子が悪いとか、歌詞間違えるとかプロとしてあるまじき行為だと私は思います。
人間ですから間違えるのは仕方ないことですが、椎名さんはちょっと多い気がします。
ライブは全体を通して楽しいと思いましたが、大好きな椎名さんだからこそもっとプロとして尊敬できるアーティストになってほしいです。

こんなこと言えるのはここだけですが、だからインディーズなのかもしれませんね。
| nana | 2012/07/13 7:11 PM |

>nanaさん

読んでくれてありがとうございます。

nanaさんが書いてくれた言葉「大好きな椎名さんだからこそもっとプロとして尊敬できるアーティストになってほしい」。まさに、そうですよね。そうなんですよね。

好きじゃなかったら、そもそも文句など言わずに「あ、この歌手(あえてこの言葉を使ってみたり…)嫌いだわ」と思って忘れてしまうだけ。忘れられないからこそ、好きでいたいからこそ、批判を口にしてしまう。

こうして文句を言いながらも、ずっと期待しているファンがいる事を受けとめて欲しいと思ってます。それを受けとめて努力できるかどうか…ってところも、プロと言えるかどうかの分かれ目なのかもしれない。仲の良い友達にカラオケで歌を聴かせてるわけじゃないんですものね。アマチュア気分から脱却して欲しい…本人はいやプロだよって言うのかもしれないけれど…。

コメントありがとうございました。
しばらく椎名くんがらみのレポは書かなくなるかもしれませんが、いつかまた書くかもしれないので(椎名くん次第かなw)、また覗いてみてください。
| ちの | 2012/07/14 8:00 AM |










+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ OLD INFORMATION
+ MY SITEs
+ FAVORITE MUSIC
※このところのお気に入りアーティスト
+ BOOKLOG
+ twitter
+ RECENT COMMENTS
  • 今朝の曲「Don't Leave Me」B'z
    匿名 (09/04)
  • 今朝の曲「Don't Leave Me」B'z
    名前 (08/24)
  • 2018.06.13 UNISON SQUARE GARDEN「MODE MOOD MODE」@横浜アリーナ
    ちの (06/14)
  • 2018.06.13 UNISON SQUARE GARDEN「MODE MOOD MODE」@横浜アリーナ
    えびすけ (06/14)
  • 2017.08.04 SK's Session 2(斎藤宏介・SKY-HI)@恵比寿 ザ・ガーデンホール
    ちの (08/14)
  • 2017.08.04 SK's Session 2(斎藤宏介・SKY-HI)@恵比寿 ザ・ガーデンホール
    えびすけ (08/08)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    ちの (08/21)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    にゅう (08/20)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    ちの (08/17)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    えびすけ (08/17)
+ FAVORITE BLOGs
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ