ボクいち日記

ボクいち管理者ちのの日記+ライブレポ+まとめ情報etc
<< レポ一覧:UNISON SQUARE GARDEN | main | CIDER ROADを振り返ってみる >>
2013.04.24 UNISON SQUARE GARDENツタロック@渋谷www
TSUTAYAキャンペーン抽選招待でのライブに行ってきました。会場は渋谷www。


レポを書くのが遅くなってしまったのは、ライブ中に斎藤くんが怪我(※)をするという事件があったことで、ライブ直後はどうしてもそこばかり考えてしまったから。1週間経って目を閉じて浮かんできたのは、斎藤くんの怪我と、田淵くんの背中。そう、田淵くんの背中。そのことを書いておかないと、と思ったらもしかしたら書けるかも…と書き始めた次第。
(※3曲目演奏中に、田淵くんのベースのヘッドが斎藤くんの頭に当たり、怪我をして流血、という事故)

いろいろと思い出すことがあってまとめづらいのだけど、とにかく、プレミアムなライブであったことは確か。MCでつなぐ貴雄くんと、何度も謝る田淵くんと、心配させないようにニコニコしゃべる斎藤くんと、曲数減らすかと思いきや、1曲増やす彼らの思い。やっぱりユニゾンが好きだ。ツタロック、ありがとう。ユニゾン、ありがとう。

不謹慎だとか言われるかもしれないけれど、本心で書いてしまえば、あの事故があったことで、3人の関係性が感じられて、いつもに増していいライブでした。いろいろあった中でも、最後までいつもと変わらぬ演奏してくれた…いやむしろ予定より1曲多く演奏してくれたユニゾンに感謝。ほんと、ありがとう。このバンドを好きで良かった。このバンドの良さを感じられる自分で良かった



うまくまとめられないから、残りは追記にて。
ダラダラ語るかも。
ーーーーー
【追記】

■セットリスト

01. カラクリカルカレ
02. きみのもとへ
03. マスターボリューム(←衝突事故、斎藤くん流血ー)
(MC)
04. メッセンジャーフロム全世界(←急きょ追加)
05. 流星のスコール
06. シャンデリア・ワルツ
07. 場違いハミングバード
(MC)
08. スカースデイル
09. ため息 shooting the MOON
10. リニアブルーを聴きながら
11. crazy birthday(おしまいっ!)


■思い出したこと、思ってたこと…

CIDER ROADツアーファイナルNHKホールが終わって2週間後。招待制の短いライブとはいえ、これが終わるとワンマンはしばらくないし、CIDER ROADツアーの締めくくりとも言えるライブ。wwwのキャパは400と聞いていて、私の整理番号は180番。1枚で2人まで入れるから、えーっと、全員2人ずつで来てたら、すでに結構ヤバい番号。それに、今回の相方との待ち合わせなどがあって、200番目ぐらいに入ることになったし、もうぎゅうぎゅう、かと思ったら……

 意外にゆったり。

細かく段差がついていて見やすそうな会場(私はwwwお初)。CIDER ROADツアーで十分彼らの姿を見て満足していたし、後ろの方でぽやんと見ようかと思っていたんですが、意外なゆったり加減に気を良くして、最前ブロック左端バーに寄りかかるような位置で見ることになりました。田淵氏、近っ。

18:00開場で、19:00開演。ステージのバックには「ツタロック TSUTAYA Rock'nRoll Campaign」と大きく書かれたバックドロップ。いつものようにソラさんの「絵の具」が流れて、貴雄くん→田淵くん→斎藤くんの順で登場。田淵くんは黒地に黒でスカル柄がプリントしてあるVネックのTシャツ。バンドTじゃないから襟ぐり切ってないw。斎藤くんは白のシャツ。貴雄さんは、あ、ごめん、覚えてない…。

下手端に陣取ったこともあり、ツアーでは斎藤くんを結構見ていたこともあり、今回は田淵くんばっかり見てやろう!…と思ってたのであんまり他のメンバー見てませんでした、すんません。



> 01. カラクリカルカレ
> 02. きみのもとへ
> 03. マスターボリューム(←衝突事故、斎藤くん流血ー)

CIDER ROADツアーが終わった後だし、きっとツアーでやってない曲を入れてくるだろうと思ってはいたけれど、やっぱり嬉しい1曲目「カラクリカルカレ」。そして2曲目には、手拍子が盛り上がる「きみのもとへ」。

そういえば、オンガク開放区の2曲目も「きみのもとへ」だったよな〜とか、田淵くん近いっっよく見えるっっ感動っっ、とか思いながらも、柵に寄り掛かってまったり。3曲目、

 「わーいマスターボリュームだー(※好きなんだよ、この曲)」
  の途中で事件は起こった

…と言っても、ステージ全体は見えてなかった私はリアルタイムには気が付かなかった。最初の2曲はあまり動いてなかった田淵くんが動き始めたな〜視界からいなくなったなーと思い、ふと斎藤くんの方を見たら、演奏している途中にスタッフさんがタオルで斎藤くんの右頬を拭いてる。…今までのライブで、「演奏中にスタッフが汗を拭く」なんてことなかったよなぁ、珍しいなぁ……と思っていた(この時は「汗」だと思ってた)。その瞬間は演奏も乱れたんだろうと思うけれど、こんなレポを毎回書いているくせに全然気が付かなかった。いかにいつもなんも聞いていないか…ってのがバレた感(苦笑)。

曲が終わって、なにか微妙な空気。背伸びして斎藤くんを見てみたら、


 白いシャツと、白いギターに、血が点々とっっ!!(※)


げげっ、流血事故!? いったい彼に何が? マイクにおでこをぶつけた…じゃ、あんなに流血しないよね。かといって鼻血とかじゃなさそうだし、なんだなんだ、なにが起こったんだーーー!?(ホントにこの時点では分からず)
(※白いシャツ、白いストラトに真っ赤な血の斑点。不謹慎でほんと申し訳ないけれど「キレイだ…」と思ってしまった…。これを予見して全て白にして演出したかのような…。)


 斎藤「ごめん、ちょっと休憩させてください」


と、右側頭部をタオルで押さえながら下手から笑顔でステージを去る斎藤くん。おおお、なんだ、なんだ、何が起こったんだ!? それもなんだかキラキラ笑顔っっ!?

貴雄くんがMCを始める「本当は俺がMCする予定はなかったんだけど、ちょうどネタがあるから話そうかな〜」と、いつもの貴雄くんのリズムで。そんな貴雄くんのMCを聞きながらも、もやもやした気持ちのワタクシ。MC途中の田淵氏の一言で頭の中でいろいろなことが整列。


 田淵「いや、俺、今、罪悪感にさいなまれてて……」


あぁ、そうか、田淵くんのベースのヘッドが斎藤くんの頭に当たったのか!それであの怪我か!!
「2回目なんだよ」…そうか、過去にもあったのか。っつーのか、あれだけニアミスしてて2回しかない方がある意味すごいんじゃないのか!?

ここで貴雄くん主導のMCタイムがしばし続く。15分ぐらい。MCの内容は後で書くとして、それを見ていた私はいろんなことをボーッとした頭で考えてた。斎藤くんがステージからトラブルでいなくなってぽっかりと空いた穴。なんだかいつもよりちょっとシュンとした感じの田淵くん。それをふまえてか、逆に何も無かったかのようにふんわりとしたトークで繋ぐ貴雄くん。なんだか優しい空気。…いや、そんなこと思うのは1週間経ったからであって、リアルタイムでは、彼らの2人の内心をおもんぱかるまで冷静になれていない私は、貴雄くんの方を向いて立っている田淵くんの背中を見ながら

 あぁ、ワイヤレスってこうなってるんだ…


なんてところに、しれーっと心奪われたりしてる。奇妙な心持ち。そして、今から思えば不思議だけれど、斎藤くんが戻って来ないなんてことは0%も考えず信じて見てた。危機意識ゼロ。

斎藤くんが退場して15分ぐらいしてから、貴雄「長いね。戻って来ないね。」田淵「病院に行って帰ってくるのに時間かかってたりするかな」貴雄「いやいや、裏にモニターあるからさ、結構、それで、おもろーとかいいながら見てるかもしんないよ」ってな会話を聞いて「あぁ、そっか、怪我がひどくて中止なんて可能性もあるのか…」と初めて気が付く危機意識の低さ。私ってば、なんて気遣いのない女。

その間、とにかく田淵くんの背中を見てた。
腰の辺りが細くなってるんじゃないか?とか、お尻がスッキリしてないか?とか、全体的に細くなってカッコよくなってるよな、とか。なんでそんなことばっかり考えてたんだ、私。あぁ、情けない。斎藤くん、心配してなくてごめんなさい。あの笑顔を100%信じてしまってました。なんでだろう。斎藤くんの笑顔で壷を売られたら、疑いもなく買っちゃうレベル。

でもこの言葉は重かった。MCのネタで、遊園地でも1人で行けると言った田淵氏が言った言葉。田淵「遊園地には1人で行けるけどさ、


 田淵「バンドって1人いないとなんもできねーな



怪我をしてもキラキラ笑顔で心配かけまいとする斎藤くん、動揺してるだろうにいつもより一生懸命しゃべろうとしている田淵くん、場の空気を和ませるようなネタでトークを主導する貴雄くん。なんて優しい3ピース。あぁ、ユニゾンが好きで良かった。


斎藤くんが退場してから15〜20分後。私の記憶では19:30過ぎ、下手から、黒いバンドTに着替えた斎藤くんが戻ってくる。ハリーくんTのデザインで黒だから、普通は売ってないやつ(裏はハリーくんになってなかった)。例のCD特典での当たりTなのかな? 白いものだと血が目だつから、黒っぽいものに着替えたんだな…

 斎藤「ダサイTシャツに着替えてきましたー」
(をい、それ、貴雄プロデュースだろっ!と内心ツッコミw)

いつもにも増してキラキラ笑顔。なんだろうこのイケメンぐあい。たぶん傷も痛いだろうに、みんなを安心させる笑顔。その説得力。

 斎藤「血がまた出ちゃうかもしれないけど、見苦しくてゴメンね。でも、大丈夫だから」

的な挨拶。観客からは「大丈夫〜?」との声が。それに対して、あのイケメンキラキラ笑顔で「大丈夫」と返す斎藤くん。あぁ、壷でも印鑑でももってこいっ!買ってやるっ!(※ユニゾンは壷も印鑑も売ってません、あしからずw)

戻ってきた斎藤くんを、ちょっとしたジョークで迎える貴雄くんと田淵くん。戻ってくる前のMCネタでシャンペインの話をしていたことから、貴雄「今さ、シャンペインがいたんだよ。見られなくて残念だったねー」斎藤「え?シャンペイン?いたの?」田淵「お客様の中にシャンペインはいらっしゃいますか〜?って聞いたら、いた」斎藤「マジ?4人とも?すごいね。ドラムの人、服着てた?」観客爆笑。みたいな。

そして、田淵くんがちょこまかちょこっと斎藤くんに近づいてく。あれ?普段とは違う動き。なんだなんだ?と思ったら、斎藤くんに耳打ちする田淵くん。内緒話をしている体だけど、結構聞こえる。貴雄「内緒話してるつもりだろうけど、全部聞こえてるからね」(笑)。そして、斎藤「えーっと、お詫びに1曲追加します」。えええ?減らすんじゃなくて増やす?どゆこと?わーい♪

斎藤「これ演奏するのどれぐらいぶり?やってないよね」田淵「1年半?2年?やってないね」斎藤「先に言っとく。歌詞間違えるから!」貴雄「これ、ドラムから入るんだっけ?」斎藤「いや、ギターから……」と演奏を始めたのは

 「メッセンジャーフロム全世界」

うわっ、かっけー。いやたぶん、歌詞間違えてませんでした。すごいよイケメン高スペック斎藤宏介。


> 04. メッセンジャーフロム全世界(←急きょ追加)
> 05. 流星のスコール
> 06. シャンデリア・ワルツ
> 07. 場違いハミングバード
> (MC)


怪我した部分が髪の毛の中で止血できなかったのか、その後、ライブ中にも血がにじむ。つむじのあたりが真っ赤だったり、右頬が汗と一緒になった血で赤くなってたり、タオルで拭きながらのライブ。頭の中の傷って治療が大変なんだよね。

田淵くんの動きが変わっちゃうんじゃないかと思ったけれど、見たところ変わらずに暴れてくれてました。シャンデリアワルツでは視線いただきました、ごちそうさま(<勘違いw)。場違いはいつものとおりの気持ち悪さ(<褒め言葉!)、くねくね体くねらせて、最後に前へジャンプ! それ以外にもいろいろ覚えたつもりだったけど、すっかり忘れた。もったいない...。


4曲演奏して一休み。

たぶん最初から用意していたんだと思う「TSUTAYAさんに行くとさ…」というTSUTAYAに絡めたネタでMC。TSUTAYAに行くと流れているランキング番組みたいなアルバム紹介の店内放送を真似てから「あれって今もやってるの?やってる? じゃぁ、まだ可能性はあるんだ。36周連続1位はUNISON SQUARE GARDEN〜!確かな演奏に透明感あふれる歌声、そしてあくまでポップなルックス!…って。よし、頑張ろ〜」観客、わー!みたいな。

MCの間も、斎藤くんの後ろではスタッフがスタンバっててタオルを渡したりしてる。斎藤くんもタオルで頭を押さえる。観客から「冷した方がいいですよー」という声。それに対して「ありがとう。でも、冷しちゃうと、ノドが締まっちゃうからね」と笑顔で応える斎藤くん。そして、照れ隠し的に「いい人ぶっていいですか(笑)」と、照れ照れな可愛い笑顔。うわっ、まぶしいっっ。今日は田淵くんを見るんだ、って思っていた私だけど、MC中はキラキラ笑顔の斎藤くんにくぎ付け。


> 08. スカースデイル
> 09. ため息 shooting the MOON
> 10. リニアブルーを聴きながら
> 11. crazy birthday(おしまいっ!)

MCの後は、斎藤曲スカースデイル。だが、この曲は田淵くんを見なくては。優しい顔で演奏してるのを見るのが好きだ。そして、ため息では、田淵くんのスラップを間近に見られて大満足(甲府名古屋渋谷、どれもちゃんと見られなかったしね)。カッコいいー。

そして、最後はcrazy birthday。斎藤くんの怪我で少し萎縮した感じもあった観客だけど、復帰後のあの笑顔と、いつもと全く変わらない演奏と歌で、最後の方はいつもと同じ熱気。会場が小さいし、細かく柵で区切られているし、真ん中あたりも変な暴れかたしているふうでもなかったし、ほんといいライブ。

最後は、「おしまいっ!」の声で。

あぁ、ツアーの時にはセットリストの途中にあった曲だから「おしまいっ!…じゃない!」で次の曲に行ったけど、今日はホントに「おしまいっ」だね。

普通は曲が終わったら挨拶して退場するメンバーだけど、今回は田淵くんがマイクへ。田淵「ちょっと俺、しゃべっていい?」。そして、斎藤くんへの謝罪と、そして、観客への謝罪。いつもの構えたMCではなくて、ホントに素の田淵くんなんだろうな、という感じで、グッと来る。不謹慎だとは思うけれど、ほんと、いろんな意味でたまらんライブだった。


アンコールの拍手もあったけれどアンコールは無しで終了。そうだよ、休ませてあげようよ。20:10。1時間の予定のライブだったけれど、事故もあったし、ちょっと長引いたね。




おととしの野音の後も、去年の渋谷公会堂の後も、そして、今回のツアーのNHKホールの後も、「あぁ、UNISON SQUARE GARDENが大きくなって、もう間近に見ることはどんどんできなくなっていくんだなぁ…」なんて、ふと思ったりしたけれど、なんだかんだとこうやって「すぐ近くで」見られるライブがちゃんとある。

このライブは、事故があったおかげで(不謹慎で申し訳ないが)、いつもに増して3人の気遣い合う関係性が、ほんと素のままよく見えたいいライブだった。

何度も書くけど、2人と観客を気遣う貴雄くん、素の顔で謝る田淵くん、そして、全てを「大丈夫だよ」と納得させるぐらいの気遣い笑顔を見せる斎藤くん。なんて3人だ。なんて素敵なバンドなんだ。ありがとうユニゾン。ほんと、ありがとうユニゾン。

ファンを心配させないようにと、すぐにブログをアップした貴雄くん、ありがと。

ライブ後のブログ→『斎藤=元気』
翌日のイベントライブを終えてブログ→『ツタロックと熊谷ライブを終えて』



不謹慎なことは重々承知の上書いちゃおう。白いシャツと白いギターに点々と血が散っている図が印象深かったのか、その晩、外科医の斎藤くんが手術をしている(術着に血が散ってる)という夢を見てしまいました。一緒に執刀してる別の外科医の腕を切っちゃった...。というバチスタのパクリストーリーで…(笑)。外科医サイトウ。かっこいいw




■2人でのMCメモ

(あーすんません、後日追加予定)
| LiveReport | 21:33 | comments(1) | - | - | - |
優しいな〜良いトライアングルだなー
UNISON SQUARE GARDENを好きになって良かったなと思う


[Alexandros]がchampagneだったことろね!!
サトヤスさん服着てたのかな?笑笑
| 信 | 2018/10/22 11:57 PM |










+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ OLD INFORMATION
+ MY SITEs
+ FAVORITE MUSIC
※このところのお気に入りアーティスト
+ BOOKLOG
+ twitter
+ RECENT COMMENTS
  • 2013.04.24 UNISON SQUARE GARDENツタロック@渋谷www
    信 (10/22)
  • 今朝の曲「Don't Leave Me」B'z
    匿名 (09/04)
  • 今朝の曲「Don't Leave Me」B'z
    名前 (08/24)
  • 2018.06.13 UNISON SQUARE GARDEN「MODE MOOD MODE」@横浜アリーナ
    ちの (06/14)
  • 2018.06.13 UNISON SQUARE GARDEN「MODE MOOD MODE」@横浜アリーナ
    えびすけ (06/14)
  • 2017.08.04 SK's Session 2(斎藤宏介・SKY-HI)@恵比寿 ザ・ガーデンホール
    ちの (08/14)
  • 2017.08.04 SK's Session 2(斎藤宏介・SKY-HI)@恵比寿 ザ・ガーデンホール
    えびすけ (08/08)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    ちの (08/21)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    にゅう (08/20)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    ちの (08/17)
+ FAVORITE BLOGs
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ