ボクいち日記

ボクいち管理者ちのの日記+ライブレポ+まとめ情報etc
<< 2014年セルフヒット | main | 2015.01.20 森広隆mellow tones 3nd@渋谷7th Floor >>
2015.01.14 UNISON SQUARE GARDENツタロック@O-WEST
新年1発目のライブは、ツタロックUNISON SQUARE GARDEN。去年の8月に発売されたアルバム「Catcher In The Spy」をTSUTAYAで購入すると応募できる招待制の無料ライブ。今回も無事に当たってホッ。

UNISON SQUARE GARDENのツタロックは2度目。1度目は2013/4/24、渋谷www(キャパ400)。その時には、当選者+同伴者の2名まで入場できたんだけど、今回はキャパ600のO-WESTで、入場は当選者本人のみ。それでも当たる気がしなかったわけだけど、なんだか私のまわりはみんな当たってるような…。申し込むのはツアーとは違う回路なのかな。CD買わない人が多いってことか?

そして、第1回目のツタロックといえば、斎藤くん流血事故の伝説のライブ(→私のレポ)。会場に入って、バックドロップを見た時に、あの時の景色が蘇ってきましたよ。あぁぁ、今日は何も無く無事に終わりますように。


さて、ライブは、といいますと、入場が20分ぐらい押し、開演が10分ぐらい押したけど、特に事件もなくいいライブでした。イベントライブということで、ライブは短め1時間ちょっと。演奏が楽しいのはいつものことですが、MCではあの事故についての楽屋裏の様子を斎藤くんが話してくれました。うん、これでツタロック伝説は一区切りだね。なんだかスッキリしました。

1時間強、アンコールを入れて13曲。アルバムツアー後のライブってことで、ツアーを思い出させる選曲もあり、2年前のツタロックを思い出させるような選曲もあり、激しい曲あり、ダンサブルな曲あり、と、盛りだくさんで短さを感じさせない十分なライブでした。

詳細は追記にて…
ーーーーーー
【追記】

■セットリスト
01. サイレンインザスパイ
02. サンポサキマイライフ
03. カウンターアイデンティティ

04. スカースデイル
05. メカトル時空探検隊
06. ライドオンタイム
07. 何かが変わりそう

08. 蒙昧termination
09. ため息 shooting the MOON
10. 桜のあと (all quartets lead to the?)
11. 天国と地獄

12. 黄昏インザスパイ

-encore-
13. instant EGOIST


■レポ

久々に曲目見ながら書いてみよう。

入場が20分押し、開演が10分押し。でも、何となく最初からフロアは平和な雰囲気。客電落ちて「絵の具」が流れて、貴雄くん→田淵くん→斎藤くんの順に登場。いつもならここでぎゅーっと観客が圧縮する感じがあるのだけれど、この日はなんだか至って平和(私は下手端っこだったので圧縮が起こっていても分からないような位置ではあったんだけど)。会場が小ぶりだからのオーディエンスの余裕?


> 01. サイレンインザスパイ
> 02. サンポサキマイライフ
> 03. カウンターアイデンティティ

「ユニゾンスクエアガーデンです」という言葉から曲へ。1曲目はアルバム「Catcher In The Spy」の1曲目、「サイレンインザスパイ」から。“ごまーいめーー!”(笑)。そーか、アルバム購入者イベントだし、アルバム曲からか。そして、2曲目は「サンポサキマイライフ」。5の次は3ね(<頭の中でのセットリスト覚える方法w)。アルバム曲から古い曲きたね〜と思ったら、次はカウンターアイデンティティ。ってか、この3曲、カタカナだらけだな(笑)。


> 04. スカースデイル
> 05. メカトル時空探検隊
> 06. ライドオンタイム
> 07. 何かが変わりそう

軽くMC。観客を見渡して斎藤くんが言う「静かだね……。あ、そっか、今日ってみんな1人で来てるんだね?」(うんそうだよ、って、なんでそこ?)斎藤「そっかそっか。開演前にさ、楽屋からフロアの様子を見てたんだけど、あ、あの後ろの方のカメラで撮ってる映像なんだけど、なんかね、すごく静かだったからさ、CDを買って半年の間に好きじゃなくなっちゃったのかと思っちゃった」(笑)なるほど。確かに、このCDって8月発売だもんね。半年前か。ツアー長いとこういうことになるんだな(笑)

(と、ここで以前のツタロックについて復習…。2013/2/6発売のCIDER ROADに応募券がついてて4/24にツタロック。2ヶ月半か。というのかツアー短かったんだな。CD発売→全国ツアー→ファイナル(NHKホール)→ツタロック。流れは同じ。ふむ。)

静かと言えば、ライブ開始直後にも思ったけれど、オーディエンスが全体的に静かだったなと。いつもなら4つ打ちで手拍子が起こりそうな箇所で手拍子が起こらない。悪ふざけ感がなくてステージからの音をそれぞれ1人1人で受け取っている感。あぁ、それはもしかしたら、全員がぼっち入場だったってのも関係しているのかな。ステージと自分だけに集中できてとても心地いい環境だった(人によって感じ方は違うかもしれないけど)。

斎藤「2週間ライブがなかったんですが、ライブないとダメだね。すごく寂しいお正月を過ごしました」というような話をちょっとしてから(だったかな?)MC後の曲は「スカースデイル」。なんだか久しぶり。この曲は、もちろん斎藤くんが主役なわけだけど、私はコーラスをする田淵くんを見るのが好き。スカースデイルかーアメリカだな〜と思ってたら、次の曲は「アメリカの生活は逞しい」から始まる「メカトル時空探検隊」。アメリカ繋がり?(笑) そして、どの曲が演奏されても「あー聞きたかった!あー、これこれ!」と思うんだけど、「ライドオンタイム」の体が動いちゃうダンサブル感はハンパない。ロックで踊るって、こういう雰囲気もあり?…なんて、ちょっと別のバンドを思い出してみたり(笑)(※トライセラのキャッチコピーですw)。

そして「何かが変わりそう」。ツアーのときのライブレポでずっと書き忘れていたんですが、途中の「忘れてく〜忘れてく〜よ〜」の部分はライブでは斎藤くんは歌わずに、田淵くんと貴雄くんだけで歌う。最初に聞いた時にはちょっとビックリ。いや最初だけじゃなくて、何度聞いても、あ、斎藤くん歌わないんだ、って毎回思う。いい悪いじゃなくて、毎回いつも引っかかるというのかなんというのか。あぁ、書き忘れていたことをメモできてよかった。

(MC)

ここでちょっと長いMC。斎藤くんが、あの伝説の流血ツタロックの舞台裏を語ってくれました。「僕ら、ツタロックに出させてもらうのは2回目なんですけど、1回目って言うのが、伝説の流血ライブで…」(観客うぉー)「マスターボリュームっていう曲のギターソロを弾き終わって歌いはじめた時に、田淵のベースがガツッっと。血も出てくるしどうしようと思ったけどとにかく曲終わらせて、いったん楽屋に戻ったら、楽屋も大騒ぎで、中止にしようとか、いややれるかも、とか大騒ぎになってて、とりあえずスタッフが「止血できるものを買ってきますっ!」って買いに行ってくれて……」(うおー痛そうな話だ…)「で、買ってきてくれたのが……千疋屋でしか見たことがないような、網の、あのマスクメロンとかパイナップルとか包むようなやつで、それをかぶせられて「よし、これで行きましょう!」とか言われるわけ」(観客笑い)「いやちょっと待って、これじゃお客さんに余計心配かけちゃうから!…ということで、結局止血はできなかったんだけど、せっかく集まってもらっているお客さんに申し訳ないから、ばーっと演奏してすぐに病院に行こう!…ってことになって、ほんとに見苦しいけど血を流しながら頑張って最後まで演奏しよう…と頑張ったわけですよ」(観客おーー!)「そして、演奏し終わって、良かった!最後まで演奏できた!……と思ってステージ降りたら、後ろで「アンコール!アンコール!」って……(苦笑)」(観客(ちょっと動揺しながらも)大爆笑)「あの時は…みんな嫌いだっ!…って思いました」(あぁぁ、すんませんでしたー笑)。

と、この話を斎藤くんが語っているときの田淵くんは…といえば、最初は首をすぼめて申し訳なさそうにぺこぺことしてたけれど、あとはなんかジーッと聞いてました。思い出したら辛い話なのではないだろうか。笑い話だけでは終わらせられない気持ちだろう。

そして、「今日は田淵の攻撃を全てかわすつもりです!」。からの、「蒙昧termination」。


> 08. 蒙昧termination
> 09. ため息 shooting the MOON
> 10. 桜のあと (all quartets lead to the?)
> 11. 天国と地獄

そして「ため息 shooting the MOON」。やや、これも久しぶり?“よんっまいっめー!”(笑)この曲は口パクで一緒に歌うのが楽しい。攻略したゼ感があって(笑)。で、桜のあと。この曲のダンサブル感もいい。曲調も踊る感じなのだけれど、MVの映像の印象も強いのかもしれない。楽しげに踊りたいという刷り込み。そして、この曲では視線いただきましたぜ、ありがと(勘違いw)。

そして「天国と地獄!」というタイトルコールから「天国と地獄」。そういえば、私が今まで見たライブでは、天国と地獄では必ずタイトルコールをしてるんだけど、それはもう彼の中で決まった流れなのかな?タイトルコールしないで歌いだすと気持ち悪いレベルだったり?


> 12. 黄昏インザスパイ

「ありがとうございました。ラスト!」から、アルバム最後の曲「黄昏インザスパイ」。ツアーでは1曲目にやっていた曲。ベースもドラムもなくギターとボーカル、斎藤くんだけが照明で浮かび上がるキレイな始まり方の曲。なんでこんなキレイな曲が世の中にあるんだろう、なんて変なことを思いながら最後の曲を楽しむ。


> -encore-
> 13. instant EGOIST

あれ?今日はアンコールしてもいいんだよね?(笑)ということでアンコールの拍手。ほどなくして客電点いて3人が登場。斎藤くんのMC。斎藤「あのさ…」(ん?いきなりなに?)「鼻血が出ちゃって…」(えー?)「もう大丈夫なんだけど。ツタロックに僕たちが出ると流血なのかな〜?」(えー?笑)「出血大サービスです!」(観客おーーー)「よかった、ちょっとウケた。前のツタロックの時には、血を流しながら同じように『出血大サービスです』って言ったら、全くウケなかったんだよね。今日は微妙だけどウケた(笑)」(観客うおーー笑)。「アンコールありがとう。今日はありがとうございました。UNISON SQUARE GARDENでした!」(とかたぶん挨拶をして)最後の曲は「instant EGOIST」。

やー、可愛く踊る田淵くんが可愛い(笑)。そして、ツアーでは「23:25」のリフ挿入のあとストップモーションをするという演出があったけれど、どうするのかなー?と見ていたらストップモーションはなくて、突然田淵氏が叫んで、満面の笑み!ものすごく満足そうな笑顔。おお、あの叫びは楽しいんだな〜!…っていうのか、結局なにを言ってるのか分かんなかったけど(笑)。


1回目のツタロックをちょっと思い出させるようなセットリストで、そしてもちろん「Catcher In The Spy」ツアーの余韻のあるセットリストで、ユニゾンの曲って踊れる曲がたくさんあるなぁーなんて楽しい気持ちになるセットリストで、1時間強の短い時間ではあったけれど、満足のいくライブでした。

そして、客席のゆったり具合がホントに心地いいライブでした。熱狂ではなく、暖かいライブ。CDを買ってUNISON SQUARE GARDENを愛している観客って暖かいなぁ、と。普段のワンマンとの違いはなんだろうね。TSUTAYAさんがアップしてくれた写真でも、フロアの楽しい暖かさが分かる気がするね。

ーーーーーー
ーーーーーー



余談:
去年のライブ終わりはユニゾンの追加公演@新木場。そして今年のはじめはこのツタロック。どちらもたまたま割といい番号をいただけまして、下手前から数列目ぐらいで見ることができました。NHKホール直後だった前のツタロックの時にも「もう近くでは見られないかもしれないと思ってたけど、近くで見られた!」とか書いていたけど、今回もまた「めっちゃ近くで見られた!」な状況。下手田淵くんの近くに陣取って近くで見ていて不思議な感覚になってました。キレイだったんですよ、顔が、肌が、笑顔が。今までもずっと田淵ファンだったわけだし、カッコいいとは思っていたけど、キレイだ、っていう感想は持ったことはなかった。なのに、年末年始のこの2つのライブではどちらも「キレイだ〜」と思ったという。この心境の変化や如何に?彼の汗も薔薇の匂いがするに違いない。うん(笑)。

余談その2:
ユニゾンのライブはいつも楽しい。何でなんだろうなぁ、なぜ飽きないんだろうなぁ…などと、ライブを楽しむかたわら、頭の片隅で考えてました。妙な演出やアレンジをしないから、っていうのも理由の一つかもしれないね。言葉にしてしまうとマイナスにも取られそうだけれど「いつも同じ演奏」。ウケ狙いもしないし、観客に媚もしない。小芝居で盛り上げたりしないし、原曲の雰囲気を変えてしまうアレンジもしない。見に行く方も、変なサプライズを期待しない。いつもと同じく得られる楽しさを、いつもと同じように得る。それでもつまらなくならないのはマンネリ化しないセットリスト。新しい楽曲が増えても、掘り起こされた古い曲が、何故か新しい楽曲たちと同じぐらいの輝きでキラキラと演奏される。出会って5年。今後この感覚(非常に個人的な感覚なので世の中の動きとは関係なく)が当てはまらなくなる日が来るのだろうか。当社比「興味継続期間記録」に挑戦だね(笑)。

余談その3:
椎名氏が見に来てたみたいです。ふむ。↓





ーーーーーーーー
2015.01.14 (Wed)
ツタロック スペシャル ライブ@TSUTAYA O-WEST
UNISON SQUARE GARDEN
OPEN: 18:30 / START: 19:30
ADV: - / DOOR: - (ドリンク別)
※完全招待制となります。
ーーーーーーーー
| LiveReport | 00:03 | comments(4) | - | - | - |
おつかれさまですー。
いつもとはちがった雰囲気でのライブ、よかったですねー。
フロアが緩かったのは集団心理なんですかね。逆か。いつもが集団心理でわちゃわちゃしているのか。
普段のライブの最前線を好んでいる人からしたらこの日のライブは逆に不自由だったのかな、とも思っちゃいました。

たしかにこの日の田淵氏キレイでした!というか可愛かった。気持ち悪いって一回も思いませんでしたもん。
でも「薔薇の匂い」を認めるのは少し癪なので私の中では「たんぽぽの臭い」くらいにしようと思います◎
あと髪伸びるの早くないですか?年末もっとさっぱりしてたような。。。

飽きないですよねー。
セットリストは割と変えてきてくれますがやってることはほぼ同じなのになぜだろう?
ユニゾンのライブを咀嚼しきれてないのかなとも思います。味う前に飲み込んじゃってるのかも。また食べたい(笑)
| えびすけ | 2015/01/16 12:51 PM |

>えびすけさん

雰囲気が面白かったですよね。ほんと。
確かに、もっといつものように暴れたい、という気持ちで行った人は窮屈な気持ちを味わったかもしれないですね。お互いの窮屈が少しずつ歩み寄って、いつか窮屈を感じる人の割合が少なくなっていくといいよね。ユニゾンのファンならそういう落としどころを探れるかもしれない。

そして、たんぽぽの匂い!(笑)
なるほどなるほど、それぐらいの方が彼には似合ってるかも&#12316;。健気に、でも実は結構特徴があって目だつ花。歌にも結構歌われている花だしね&#12316;。でも、香り……思い浮かばない&#12316;(笑)。
と、そんなことじゃなくて…(笑)なんか最近キレイですよね、彼。特にこの日のライブは、優しい顔してた気がする。CDを買ったお客さんばかりのライブって、ある意味、ファンクラブライブみたいな「味方だけ」のライブだし、観客と距離を置くための仮面的な変顔をしなくてもいい雰囲気だったりしたのかな、とも思ったり。

咀嚼しきれていない…というのは新しい解釈だわ。うん、そういう面もあるのかもしれない。まだ全容が掴めていないから、どの曲も何度聞いても発見とか感じるものがあるのかも。古い曲が楽しいって言うのも、歌詞とかリズムとかに新しい何かを見つけるからかもしれないですよね。ふむふむ。奥が深ければ深いほど、ずっと噛んでいても味がでてくるのかもー。スルメロック(笑)。
| ちの | 2015/01/16 3:56 PM |

ちのさん、こんばんは!
さっそく読ませていただきました。
ほんとに素敵な雰囲気のライブだったのですね。
読ませていただきながら、なんだかにこにこしちゃいましたv
わーって熱狂に巻き込まれちゃうライブも良いですが、こんな風に緩やかに優しい雰囲気で楽しめるライブもいいですねー。
平日ライブは最初から諦めちゃうんですが、次の機会があったら、有給ぶんどる覚悟で頑張ってみようかと思っちゃいました(笑)。

蒙昧に入る前の斎藤さんのMCの切れの良さは今回もさすが!
そして、たんぽぽの匂いなキレイな田淵さん・・・観てみたかった!!
私はまだ飽きるまでもない短いファン歴ですが、ユニゾンの曲は大好きな異国みたいな感じで、訪れるたびに違う表情がみれるのかなあ、とライブに行くたびに思ったりしています。
何にしろ、彼らの音楽は楽しいですね♪
| 恭穂 | 2015/01/16 8:26 PM |

>恭穂さん

普段のワンマンとの違いがなんなのか分からないけど、今回のライブはほんと不思議な暖かさでした。ライブの雰囲気ってのも一期一会で狙って見られるものではないけれど、こんな雰囲気のライブにまた出会いたいものです。

ユニゾン=異国、なるほど、そういう面、分かる気がします。
自分とは少し違う文化の匂いとか、見えてない部分のギャップとか、少しずつ分かっていくのが面白いのかもしれないですね!ふーむ。次回ライブを見る時に、いろいろなことを思いながら見られそう!

今年もいろいろな景色をたくさん見ましょう!
| ちの | 2015/01/16 10:39 PM |










+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ OLD INFORMATION
+ MY SITEs
+ FAVORITE MUSIC
※このところのお気に入りアーティスト
+ BOOKLOG
+ twitter
+ RECENT COMMENTS
  • 今朝の曲「Don't Leave Me」B'z
    匿名 (09/04)
  • 今朝の曲「Don't Leave Me」B'z
    名前 (08/24)
  • 2018.06.13 UNISON SQUARE GARDEN「MODE MOOD MODE」@横浜アリーナ
    ちの (06/14)
  • 2018.06.13 UNISON SQUARE GARDEN「MODE MOOD MODE」@横浜アリーナ
    えびすけ (06/14)
  • 2017.08.04 SK's Session 2(斎藤宏介・SKY-HI)@恵比寿 ザ・ガーデンホール
    ちの (08/14)
  • 2017.08.04 SK's Session 2(斎藤宏介・SKY-HI)@恵比寿 ザ・ガーデンホール
    えびすけ (08/08)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    ちの (08/21)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    にゅう (08/20)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    ちの (08/17)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    えびすけ (08/17)
+ FAVORITE BLOGs
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ