ボクいち日記

ボクいち管理者ちのの日記+ライブレポ+まとめ情報etc
<< 2016.02.12 Q-MHzトークイベント@渋谷タワレコB1 | main | 2016.03.08 UNISON SQUARE GARDENxflumpool@新木場STUDIO COAST >>
2016.03.04 谷澤智文リリースツアー東京篇@三軒茶屋 space orbit
「ぼくらはみんなスペーシー Relea-Space Tour! SPRING 東京篇」

谷澤智文さんが漢字の名前での初のソロアルバム「ぼくらはみんなスペーシー」が2016/3/9にリリースされるのを記念してのリリースツアーに行ってきました。

とはいえ、まだリリース前(笑)。ということで、今回のライブはチケットにアルバムがバンドルで4500円。ライブ中に谷澤さん本人も言っていたけど「強制的にアルバムを買わされる(笑)ライブに来てくれる人がいるのか不安だった」とか(笑)。場所は、昨年9月に誕生日記念ライブを行った三軒茶屋のspace orbit。調べるとキャパ70と出ているけれど、ラグが敷かれた床に、思い思いの場所に座布団を敷いて座って見る、というスタイルで30人ぐらい? 9月に行った時には、なんとなくそのコンパクトな雰囲気に馴染むというより緊張しっぱなしって感じで終わっちゃいましたが、今回はすとんと馴染める居場所を見つけられていい気分で楽しめました。途中に休憩時間もあったから、お酒のお替わりもできたしね(そこ?w)。


ライブは弾語り。前半は古い曲、後半は新しいアルバムの曲中心。
前半の途中でギターの弦が切れて、休憩が早まる、というアクシデントはあったけれど、それも含めて、アットホームで面白いライブでした(アットホームであることが「いいこと」かどうかは別として)。ブラジルの打楽器パンデイロを中心にいろいろなパーカッション奏者としてYanaphyこと柳元武司さんがサポートミュージシャンとして参加。ハラダアツシさんの独特のアーティスティックな照明が、曲のスペーシーな雰囲気をさらにさらにスペーシーに盛り上げてくれました。

デジタルでつくられる音楽や映像が溢れる中、エフェクタで色付けされた音と、人の手が奏でるリズムと、OHP装置の上の水槽?で作られていく不思議な模様の全てが「アナログ」な世界。宇宙的なのにアナログ。新しいアルバムのジャケットの絵の世界とシンクロ。演奏聴きながら目を閉じたら、panpanyaさんが描くような迷路をイルカさん?と一緒に歩いているような錯覚に陥りました(居眠ってたわけじゃないぞw…いや、居眠ってたのかも?白昼夢だと思いたいw)。


■サポートメンバー
パンデイロ&その他パーカッション各種:
  Yanaphy 柳元武司(ヤナギモトタケシ)
照明:ハラダアツシ
PA:イトウミツヒロ



照明(と言っていいんだろうか?)がどんな感じだったのかは、Facebookで谷澤さんがアップしてくれた写真の数々を見ればわかるかな(→こちら or こちら)。いろいろな成分(たぶん)の液体を、小さな水槽に流し込んでできていく不思議な模様。iTunesのビジュアライザみたいだけれど、デジタルではなく超アナログ。いろいろな混ざり合い方混ざり合わない具合など、新しい手法が映し出されるたびに、後ろで行われているハラダさんの手元を見てました。アイデアと試行錯誤で出来上がった手法ですね。谷澤さんの周りには、新しくてびっくりするような表現方法を持ってる人たちが集まってるんだろう。



続きは追記にて
 
ーーーーーーー
【追記】

(さて、いきなり気持ちの吐露。
私がライブレポを書くのは、自分があとあと思い出せるように、という目的がメインなのだけれど、読んでくれた人が新しい音楽に興味を持ってくれたらいいな、という目的もちょっと隠されてる。今までの谷澤さんのライブについても、たぶん、そんな気持ちを加えつつ書いてきたと思う。でも今回はその部分は諦めさせてもらう(笑)。自分からこの音楽とこの人に興味を持った人にはハマるし、そうじゃない人にはいくらオススメしてもわかってもらえない気がするから。万人受けする評価基準に当てはめるのは難しい気がするから(失礼極まりないがお許しを)。)

ということで、本当にメモ書き。自分のための。


■セットリスト(抜けがあるかも。そしたらごめん)

01. 惑う星
02. 無音映画
 MC これ以降パンデイロのヤナフィーさん参加
03. Why don't you come with me
04. マインド・ゲーム
05. コスモ・ガール <弦切れる
 (弦待ち休憩withノイズbyターニー)
06. 蜃気楼と旅人の関係性の考察
07. エマノン
 (本来の休憩時間はここw)
08. 神様ぼくは
09. 明日天気になあれ
10. 銀河鉄道の夜
 MC
11. つづき夢のつづき
12. 真夏のオリオン
13. 珍しいキノコ発見!
14. 太陽系復活祭
 MC
15. アカシック・レコーディング <ここからヤナフィー隅っこへ
16. 宇宙旅行
 MC
17. グッバイ星人 <再びヤナフィー参加(だっけ?)

-enc-
18. どこ帰る?
(最後に「ぼくらはみんなスペーシー 生きているからスペーシー」(手のひらに太陽をの節で))



■メモ

・前の方に座ると目のやり場に困って緊張しちゃうから遅めに行って後ろの方から見よう…、と思っていたのだけど、うっかりまた早めに行ってしまい、部屋に入った途端に目があってしまい(笑)、すっかりCDにサインもらったりトートバッグや手ぬぐいや野菜買ったりして割と前のほうに座る。あーあ、作戦失敗(笑)。でも、今回は丁度いい距離感で見ることができた気がする。それに、こだわって作ったというCDの、こだわりポイントを直接聞けたのは良かった。


なんだかんだ言って買っちゃうんだよね(笑)。CDにはサインしてもらいました。ぎっしり書き込まれているジャケットだから、サインをかける場所が空の部分しかなくて、小さい空間に小さく漢字のサイン。ちまちましてて良い味出てるw。



CDは透けてるんだって。これは翌日、昼間に撮ってみました。ほんと、透けてる。タイトルが慎ましやかに白く印刷されているのも粋。



デジパックのジャケット裏には穴が空いてて、CDを入れても、中に印刷されている土星が透けて見える…はず…(笑)。



・ステージ上のマイクスタンドに、メロディーパイプ(プラスチックのジャバラホース)が差してあって、あーなんかに使うんだなーと思ってたら、ライブ開始の合図はこれ(笑)。前半は旅行前の曲中心。スペーシーアレンジ。最初の2曲はサポート入れずギター弾き語り。といっても、いろんなエフェクタを使ってスペーシー。それに、「惑う星」も「無音映画」も、そもそもがスペーシーな曲だよね。

・ライブが始まると、2台のOHP装置から放たれる不思議な照明も始まる。最初は単純な色の混ざり合わせだけれど、透明の板で押し付けたような模様になったり、どんどん蒸発していくような模様になったり、不思議なぼやけ方になったり、新しい模様のつけ方になるたびに、どんな風に表現しているのか気になってチラチラ見たりして。弾き語りライブって目のやり場に困ることが多いけれど、前回の誕生日ライブの時のスライドショーといい、今回の不思議な照明といい、たくさん見るところがあって嬉しい。スペーシーな音楽と混ざり合って不思議な雰囲気を醸し出してました。

・3曲目からはパンデイロのYanaphyさんが参加。タンバリンのような単純な楽器だけれど、リズムの多彩さに感動。すごい。

・「コスモ・ガール」で弦切れる。照明の模様に気を取られてたけど、ふとギターをみたら3弦がぶーらぶら。あららー。で、演奏が終わってのMCで衝撃の告白が「替えの弦、持ってきてないんだよね…。だれか弦持ってる? ないか…」。予定では、もう2曲やってから15分ぐらいの休憩を設けようと思ってたらしいのだけど、それを前倒しにしてとりあえず休憩。楽器屋まだ空いてるかな?スタジオならあるんじゃない?電話してみようか?…といろんな情報が飛び交い、最終的には、お客さんのチャリを借りてミュージシャン仲間さん(?)が駅前まで買いに行くことに(笑)。(space orbitは三軒茶屋駅から結構遠い)

・弦到着、弦張替えが終わって、本当は前半戦だった2曲を演奏。蜃気楼と、SLCのエマノン。後半戦は「神様ぼくは」から。3曲終わってからMCで、アルバムの曲順で演奏してるという説明。今回のCD、全部曲が繋がっているってことなので、これ以外の曲順にするのはふさわしくないんだろうな(繋がっているって言っていたから、もしかしたらデータ上も1曲になってるのか!?と思ったけど、データはちゃんと区切れてました。でも、ずっと繋がってる。曲間0で続いてるのね)。

・演奏する前に次に演奏する数曲の曲名を並べて「なんか発表会みたいだけど…(笑)」。珍しいキノコまで演奏して、その後に「水金地火木土天海冥!」。この時は気がつかなかったけど、曲順崩れてた。

・そしてMCで曲順を崩した説明。「本当はアルバムの全曲をやるべきだと思ったんだけど、できない曲があって…」。「エフェクター☆エレクター」という曲は、エフェクターの名前を言ってからそのエフェクターでだした音を続ける、という曲。10数種類のエフェクターが歌詞にでてくるんだけど、ライブ用のボードには全部のエフェクターを載せられないから再現できない、とのこと(笑)。そして、この曲は、いろいろと音を重ねてたら140トラックぐらいになっちゃって大変だったとも(笑)。谷澤さんが歌うところのケチャなんかもたくさん重ねてあるらしい。

・そして「もしも屋」は、京都にある料理屋さんの曲なので、「ここは もしも屋じゃないし…」だそうで(笑)。

・「アカシック・レコーディング」は、パンデイロのYanaphyさんが「難しくて無理」とのことで谷澤さん一人で。Yanaphyさん、カウンタの裏でちっちゃくなって隠れているのを谷澤さんにいじられるw。アカシックに引き続き演奏されたのは「宇宙旅行」。コール&レスポンスあり。椅子の上に立ち上がって落っこちそうになるのも健在(笑)。

・「最後の曲みたいな盛り上がりだったけど、最後じゃないです。次が最後の曲で「グッバイ星人」」

・そういえば、この曲の英語タイトルが「Good-bye-an」。星人は◯◯星人、っていうぱっと見の意味じゃないのかな。an earth?どっかに書いてあったかな。わかんないけど。

・最後の曲、を終えて大拍手。で、挨拶した後、ステージ上でウロウロ。そう、ここ、奥に楽屋があるわけでもなく、捌けてく道はない(笑)。んなわけで、拍手がアンコールの手拍子に変わったところでニコニコしながら「アンコールありがとー」(笑)。そして最後はSLCの「どこ帰る?」。




SPACE LIKE CARNIVAL。解散してしまったバンド。解散が報じられた時に、私は勝手に、あのバンドは最初から一過性のものだったのかな、だから予定された解散だったのかな、なんて思い込んでいたけれど、MCの雰囲気ではそうではなかったっぽいですね。個人的にはあのバンドはちょっと苦手だったので(ごめん)実はソロに戻ってくれて嬉しかったのだけど、うん、きっと感想は人それぞれにあるんだろう。

・先行リリースということで購入したCD。帰って早速聞きました。データとしては1曲ずつに区切れているけれど、音はずっと続いてる。曲としての区切りは便宜的なものなのかな。ずーっと聞いていて飽きない不思議な世界。ライブの時にも感じたけれど、奇妙な空間の迷路をふらふら探検しながら進んでいく感じ。私はあんまりたくさんの作品を読んでいるわけじゃないから、勝手な例えだけど、つい最近やっと購入して読んだpanpanyaさんの「枕魚」みたいな、九井諒子さんの短編集みたいな、森見登美彦さんの小説みたいな、1話ずつ違っているけど、全部が地続きで、現実のようで現実とは違う次元をふわふわと浮遊しながら進んでいるような、そんな感じ。シャッフルやザッピングには向かない、ちょっとレトロな音楽なのかもしれないなぁ、なんて

・なので、周りの人に押し付けることはできないけど、どこかで引っかかって、どこかで興味を持ったら、ちょっと覗いてみるのも面白いかもよ。スピードデジタルなんでもコピペ世界に疲れた時に、ちょっと浸かると気持ちいい温泉みたいな。試聴あるよ。(と、最後にちょっとだけ宣伝してみるw)。
http://tnzwtmfm.net/we-are-all-spacy-sp/

・でもね、個人的には、一人で、良いとか悪いとか批評なしに、フラッと楽しみに行けるライブも貴重だなって思ってるので、このまま一人でこっそりファンでありつづけるほうが楽かも。興味を持ったら、フラッと行ってね。フラッと行って、たまたま会ったらにっこり挨拶しあおうね。


 


ーーーーーーー
ぼくらはみんなスペーシー Relea-Space Tour! SPRING 東京篇
Mar 04, 2016 (Fri)@三軒茶屋 space orbit
Open 18:00 / Start 19:30
¥4500(CD付き)

この日は新譜「ぼくらはみんなスペーシー」先行リリース・パーティです。
なんとチケットは「ぼくらはみんなスペーシー」付きとなります。
リリース日前に強制的にお持ち帰りいただくということです(笑)。
照明にハラダアツシさんをお迎えして、サイケデリックかつスペシャルな夜になることでしょう。
どうかお見逃しなく!
(↑オフィシャルサイトから文言お借りしました)

ーーーーーーー
【ぼくらはみんなスペーシー Relea-Space Tour! SPRING】全日程

2/28 (Sun.) 岐阜 高山 co-ba Hida Takayama (先行リリース)
3/4 (Fri.) 東京 三軒茶屋 space orbit (先行リリース)
3/9 (Wed.) 埼玉 熊谷 Mortar Record
3/13 (Sun.) 新潟 長岡 BONBON
3/18 (Fri.) 岐阜 中津川 ANNIE HALL
3/21 (Mon.) 名古屋 Blue Frog
3/22 (Tue.) 大阪 cafe Room
3/25 (Fri.) 愛媛 松山 ワニとサイ
3/27 (Sun.) 京都 もしも屋
ーーーーーーー
 
| LiveReport | 15:08 | comments(0) | - | - | - |









+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ OLD INFORMATION
+ MY SITEs
+ FAVORITE MUSIC
※このところのお気に入りアーティスト
+ BOOKLOG
+ twitter
+ RECENT COMMENTS
  • 2013.04.24 UNISON SQUARE GARDENツタロック@渋谷www
    信 (10/22)
  • 今朝の曲「Don't Leave Me」B'z
    匿名 (09/04)
  • 今朝の曲「Don't Leave Me」B'z
    名前 (08/24)
  • 2018.06.13 UNISON SQUARE GARDEN「MODE MOOD MODE」@横浜アリーナ
    ちの (06/14)
  • 2018.06.13 UNISON SQUARE GARDEN「MODE MOOD MODE」@横浜アリーナ
    えびすけ (06/14)
  • 2017.08.04 SK's Session 2(斎藤宏介・SKY-HI)@恵比寿 ザ・ガーデンホール
    ちの (08/14)
  • 2017.08.04 SK's Session 2(斎藤宏介・SKY-HI)@恵比寿 ザ・ガーデンホール
    えびすけ (08/08)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    ちの (08/21)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    にゅう (08/20)
  • 2016.08.16 UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」@中野サンプラザ
    ちの (08/17)
+ FAVORITE BLOGs
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ